足場シートを購入する時には素材で選択しよう

足場シートを購入する時の選び方【素材や宣伝広告効果に注目しよう】

デザイン性の高い足場シートの広告効果

一般的な足場シートは基本的には無地です。ところが最近は自社の宣伝やマンションなどの場合には入居者を募集したりと宣伝効果に優れたタイプや工事へのご迷惑と配慮のお願いなどさまざまなデザイン性豊かなものが増えています。

足場シートに最適な素材ランキング

no.1

一番使われている2類ターポリン

一番使われる素材はターポリンです。
光沢感が少なくデザインを鮮明にすることができます。耐久性もあるため雨や風、日光の光にも長持ちします。厚手タイプと標準タイプがありますが、見た目には厚さの違いが判りませんが、厚手タイプの方が耐久性に優れています。

no.2

防音効果があるメッシュ素材

防音シートは解体現場では一番使われています。銀色や黒色で完全に防音シートで覆うと厚さは0.5~1ミリながら高い防音効果があります。
遮音シートとも呼ばれていますが、素材はメッシュが使われています。

no.3

厚手な防炎効果に優れいてる1類ターポリン

2類ターポリンよりも厚みがあります。2類ターポリンは厚さが0.33ミリですが、1類ターポリンは0.42ミリと防炎効果に優れています。
お値段は2類ターポリンもアップしますが、長持ちさせたいときにはおすすめです。

no.4

風に強いメッシュターポリン


風が強い場所に最適のメッシュ素材のメッシュターポリンは、視認性は1、2類ターポリンよりも劣りますが、防炎効果も高く、風の影響が少ない素材で強い風が吹いても縫製部分が切れてしまうことを防いでくれます。

no.5

防音・防炎効果があるビニール素材

防炎・防音効果があるシートではビニールを素材として使われてることが多いです。
普通のシートでは火花から火災が発生してしまうことがありますが、防炎シートを使うと防ぐことができ、防音効果あるシートを使うと近隣への音を防ぐことができます。

足場シートを購入する時には素材で選択しよう

建設現場

足場シートを設置する目的とは

足場シートは近隣周辺へ配慮と作業員への安全対策として取り入れられています。
塗料や解体現場でのクズなどが近隣へ飛んでしまうことを配慮し、落下物など小さなものが落ちても大惨事となってしまう現場での安全性の配慮両方が含まれています。
ある程度の雨風も防ぐことができるため、決められた工期を進めるためにも役立ちます。

足場シートの価格相場

無地や防音、防炎、メッシュタイプなど豊富にありますが、業者専門サイトでも購入をすることができます。種類によって相場は異なりますが、安いものは5千円から購入も可能です。
デザインタイプを採用する場合には用途やデザインなどで相場は異なりますが、一般的には1枚1万円弱となっています。デザインタイプは印刷方法によっても価格が異なります。

ネットで購入するメリット

ネットで購入するとさまざまな業者との見積もり依頼をすることができ比較することができます。
24時間対応可能ですので、いつで注文をすることができ、不明な点もメールなどで確認をすることができます。最近はチャットシステムを導入している業者も多く、メールよりもさらに迅速な回答を受けることが可能になっています。

購入する際に気をつけるべきこと

デザインタイプは注文をしてから、デザインの入稿、納期や代金支払方法などの確認事項や打ち合わせが行われます。制作がはじまるとキャンセルをしても費用が発生してしまいます。打ち合わせは密に行うことが大切です。
一般的には制作業者に不備があったときには返品対応しています。それ以外は費用がは発生すると考えておきます。

広告募集中